書籍一覧に戻る ホームページに戻る

角田 宏子
(すみだ ひろこ)

関西学院大学大学院文学部日本文学科
博士課程後期課程修了

博士(文学)
日本文芸学会、
和歌文学会会員

著書(単著)
『「小町集」の研究』和泉書院

むらかみぎょしゅう
村上御集の歌遊び

【著 者】
角田 宏子

318頁 A5判 並製
定価 本体1500円
ISBN978-4-903762-17-3


本書は、村上天皇の和歌集『村上御集』を、夭逝した述子(藤原実頼の娘)への哀惜より始まる文芸作品であることを詳述。
「御集」が貫くテーマは日常の「贈答」。
『村上御集』は、后妃徽子女王の『斎宮集』と多数の歌を重複させ、私家集としても課題を有する「家集」である。
『村上御集』本文の独自性を探るべく、『斎宮集』の本文のみは一々伝本をことわり、また、解釈上の問題については本文の脚注ならびに補注で取り上げた。
そして、そこから見えてくる文芸作品としての構成試案を提示した。 村上天皇の歌の秀逸を示すために、全体の54%を占める斎宮女御 徽子の歌が入ったとする新解釈も示している。全文書き下ろし。

 目  次
凡例
「村上御集」の構成
   巻頭言
第一章 「村上御集」読解
第一部 述子への思い(一歌〜六歌)
第二部 徽子との贈答(七歌〜八一歌)
第三部 后妃たちとの贈答(八二歌〜一〇〇歌)
第四部 増補部T(一〇一歌〜一〇九歌)
第五部 増補部U(一一〇歌〜一三八歌)
第二章 解説
作品「村上御集」
作品の主題 / 登場人物と背景 /詞書に見る登場人物 / 歌数と歌序 / 構成の概観試案
作品対象に内在する問題 ─伝本と伝来─
はじめに / 孤本「代々御集」 / 生成に関わる書入 / 禁裏御本と「代々御集」 / 冷泉家と「代々御集」 / 平安時代の「村上御集」
先行先行研究と本著のまとめ
編纂方針の想定 / 后妃を取り上げる本体部分 / 徽子の歌の必要性 / 村上御集の歌遊び / 平安時代中期の私家集の一形態
脚注
本著引用書目一覧
あとがき
Summary
「村上御集」「斎宮女御集」歌番号対照表
初句索引、詞書索引、補注索引

書籍一覧に戻る ホームページに戻る