書籍一覧に戻る ホームページに戻る



語り伝える吉野の民話


【代表編者】
丸山 顕徳 (花園大学教授・文学博士・
 日本国語国学研究所代表)
【編  者】
垣崎 仁志 (奈良県立高等学校教諭)
軽澤 照文 (奈良市立小学校教諭)
竹原 威滋  (奈良教育大学名誉教授)
畠山 典久 (奈良県童話連盟・元小学校校長)
【解説執筆】
池田 淳 (吉野歴史資料館館長)
河合岑一郎 (映像ディレクター・パンクリエイト代表)
横山 浩子 (奈良県立民俗博物館主任学芸員)
【装幀・本文デザイン】
志明象 葎 (デザイナー)
吉村 萌里 (イラスト作家)

94頁(一部カラー) B6判 並製
定価 本体750円
ISBN978-4-903762-13-5 C0093


 みんわ ほんぶん   そう   
民話 本文 ルビ
   
音読や読み聞かせに!
本書片手に吉野山散策などにもお薦め!


奥深い歴史と信仰に彩られた「世界遺産※」奈良県吉野地方の民話を、平易な解説とともに紹介。
吉野山のイラスト地図と名所旧跡の紹介を加え、楽しい民話集をつくりました。
  (※「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録)

  ~ も く じ ~
   吉野へようこそ
   吉野山の地図(広域図)
   吉野山の地図(拡大図)

   吉野のあらまし
   吉野のくらし
   吉野の民話へのいざない

   キツネにだまされた魚屋さん
   砂まきダヌキ
   高坊主
   河太郎のはなし
   伯母峰の一本足
   虫のしらせ
   井光の井戸
   キツツキを寺っ子と呼ぶわけ
   高見山の入鹿の首塚
   犬を飼わない村
   五郎宗岩
   役行者
   蛙になった人間
   義経と弁慶
   後醍醐天皇
   天誅組

   吉野山の名所旧跡と年中行事
      吉野山の名所旧跡
      吉野山の年中行事
   編者あとがき


書籍一覧に戻る ホームページに戻る