書籍一覧に戻る ホームページに戻る

書評・紹介記事
(PDFファイル)
朝日新聞()
2008年1月12日(金)
朝日新聞
2008年6月18日(水)
夕刊
毎日新聞
2008年6月19日(木)
ジュンク堂書店三宮店
2008年6月18日
愛するブラジル 愛する日本
ブラジル移民100周年・
ブラジル民族文化研究センター創設30周年記念図書


ブラジル民族文化研究センター 編

182頁(うち巻頭カラー6頁) A5判 並製
 【特別付録】音楽の神様 エルメート・パスコアルCD
定価 本体1800円
ISBN978-4-903762-03-6 C0030
 ブラジル移民100周年を記念して、神戸からの移民船「笠戸丸」がサントス港に到着してから、ちょうど100年目の2008年6月18日に刊行。
 ブラジル・日本両国をこよなく愛する日系ブラジル人、企業人、研究者、教育者、音楽家、文学者などが綴る、後世に残したい熱い想いを語った約50編を収録。
 移民の歴史をしのび、移民の果たした功績を讃えるとともに、在日ブラジル人の教育問題など現代的課題にも触れている。
 毎日新聞社が所蔵する、戦前からの貴重な移民写真も多数収録。
【特別付録】
音楽の神様
エルメート・パスコアルCD


 ブラジル音楽の泰斗、エルメート・パスコアル氏が、ブラジル移民100周年を祝して、本書のためにオリジナル曲“Nihon Banzai”を提供くださいました。
 今春、ブラジルのスタジオで収録されたオリジナルCDです。



〈書店用帯〉
 目 次
◆[ 口 絵 ]◆
ブラジル移民団の出帆風景 / 活躍する当センター研究員

◆[ ご挨拶 ]◆
ブラジルへの旅立ち
 ─ブラジル民族文化研究センターの視座─

古畑  稔
(ブラジル民族文化研究センター会長)
ブラジル民族文化研究センター創設30周年を迎えて


田所 清克
(ブラジル民族文化研究センター主幹)


◆[ 祝 辞 ]◆
MENSAGEM(メッセージ)
[ 祝 辞 ]
Andr_ Amado (駐日ブラジル大使)
お祝いの言葉 橋上 義孝 (河内長野市長)
日伯交流年とブラジル日本移民百周年
西村  正 ((財)日伯協会理事長 )
お祝いの言葉

大垣貴志郎
(京都ラテンアメリカ研究所所長)
ブラジル民族文化研究センター創設30周年を祝して
平岡  透 (前大阪府警察学校長)
新たな100年の日伯関係へ
桜井 敏浩
((社)日本ブラジル中央協会常務理事)
大学及び留学時代を通じての田所教授との親交


蓮尾 良昭 (在リオデジャネイロ
日本国総領事館広報文化センター)

◆[ イントロダクション ]◆
毎日新聞社所蔵写真で見るブラジル移民


◆[ 移 民 ]◆
コーヒーで結ばれた日本とブラジル
[ 移 民 ]
黒田 公男
世を驚かせた空前絶後の仰天企画「大毎移民団」 
 ─見つからない活動写真班の映像フィルム─
三谷 佳弘
ブラジルへ移住して半世紀 木場 哲雄
移住と生き方 木場 ひろみ
心の中の二つの文化 ─日系である誇りを胸に─
Ana Cristina Akemi Yamamoto
ブラジルとの出会い 佐藤 陽介
『蒼氓(そうぼう)』の風景

山崎 正晴

◆[ 社会・地理 ]◆
アマゾンの思い出
[ 社会・地理 ]
山口 吉彦
バイオエタノールで先行するブラジル
 ─自動車はフレックス車が主流に─

多田 義治
躍動感あふれる資源大国ブラジル
 ─日本にとってかけがえのない国─



田所 清克


◆[ 文化交流 ]◆
リオデジャネイロの賢人に学ぶ
[ 文化交流 ]
徳田 一彦
コーヒーをもう一杯
赤松眞理子
「パー」とブラジルと私 鶴田 和寿
日本ブラジル交流100周年記念に寄せて 
 ─ブラジル民族文化研究センターとの出会い─
金銅 真代
ドルトムントで見た「奇跡」に想う
下薗 昌記
私とブラジル そこで出会った方々に感謝して 嶋村 朋子
ブラジルにおけるイエズス会
 ─グアラニ・ミッションとキリシタン─

狹間 芳樹
ティラピアの刺身と猫まんま            
古浦 恭生
日本人移民が育んだ食文化 豊かな食材に恵まれた
ブラジルで



大浦 智子

◆[ 言語・文学 ]◆
『砂の戦士たち』翻訳のころ
[ 言語・文学 ]
阿部 孝次
オルフェとユーリディス 赤松 敏博
ジョルジェ・アマード著『丁字と肉桂のガブリエラ』の魅力 尾河 直哉
我が至宝エリコ・ヴェリッシモ文学
リオ・グランデ・ド・スル州を代表する郷土主義作家

伊藤奈希砂
文学に照らしてみた、日本人の自然描写とブラジル
初期移民
古畑正富
コーヒーを表現する(コーヒーから文学へ) 玉川 裕子
友好の懸け橋としてのブラジル文学 岐部 雅之
在日ブラジル人児童の日本語・ポルトガル語コード・
スイッチング研究

鈴木 貴之
光芒を放つ地方主義文学の開拓者たち
 ─心に響く珠玉の《1930年代小説》を中心に─



田所 清克


◆[ 音 楽 ]◆
日本におけるボサノヴァ 一考察

ケペル木村
神戸サンバはじめ物語 山田 芳信
ブラジルの現代音楽を確立した作曲家 エイトール・ヴィラ=ロボス 畑 由美子
イジェシャー(Ijex_): ブラジルのリズム Pedro Paulo Kohler Bondesan dos Santos
ブラジル音楽界の巨人エルメート・パスコアル
 〜日系移民100周年によせて〜
青木 義道
ブラジル音楽と私

高橋 亮太

◆[ 教 育 ]◆
ブラジル日系社会における日本語教育
[ 教 育 ]
柴田あづさ
ブラジルと日本の友好を願って 藤木 慎介
ブラジル人学級の子供たちと過ごした2年間から 柴平 浩文
在日ブラジル人子弟の教育問題 福井 章弘
「新渡日(しんとにち)」ブラジル人生徒との出会い

垣崎 仁志

◆[ 企 業 ]◆
日本ブラジル交流100周年記念に寄せて
─YKKの異端児、ブラジル社─ 


石川 敏夫
祝ブラジル移民百周年
─三井物産のブラジルでの取組みを概観する─  

伊藤 隆美
日本人に継承される企業風土とブラジル移民への思い 古畑  稔
ブラジル日本移民百周年によせて
 ─ツニブラ トラベル 60年間を旅行業で日伯の架け橋に─

近藤 春彦
祝ブラジル移民百周年記念 日本とブラジルコーヒー

竹本 彰太

ブラジル民族文化研究センターについて
付属CD解説 青木 義道 (当センター主任研究員)
当センター推薦 ブラジルを知るための100点
編集を終えて 吉村  始 (当センター事務局長)

書籍一覧に戻る ホームページに戻る