旧ロゴ
会社紹介へ

 「金壽堂出版」の名称は、小社創業者・吉村が公務員(図書館司書)時代にお世話になった、高級美術品鋳造メーカー・株式会社金壽堂(本社・滋賀県愛知郡湖東町大字長273)に敬意を表し、同社社長・黄地耕三様のご承諾を得て命名したものです。
 株式会社金壽堂の代表作に、1980年に再建された奈良・西の京の薬師寺西塔の相輪(そうりん)があります。その水烟(すいえん)部分にほどこされた笛吹の彫刻をモチーフに、POPデザイナー・志明象葎(しめいしょう むぐら)さんに依頼して制作したのが、小社ロゴタイプです。
 2004年11月、小社事務所を現所在地(葛城市)に移転するにあたり、細部のデザインを新しくし、より躍動感のあるものとしました。
 軽やかに人々の心に届く音色を奏でる笛吹のように、現代そして未来に生きる人々の心に響く出版物を世に問うていきたいと願っております。


志明象葎さん■■奈良県生まれ。芸大卒業後、広告デザイン分野で活躍中。
小社(金壽堂出版有限会社)と株式会社金壽堂との間には、資本その他の関係はありません。
株式会社金壽堂
ホームページへ